Japanese Chinese Korean English Portuguese Tagalog
17 子育て

Living Guide Top

Japanese Top

1 在留管理制度

2  戸籍に関する届出

3  印鑑登録

4  住宅

5  水道・電気・ガス・電話

6 ごみの出し方

7 郵便・宅配便

8 銀行

9 交通

10 税金

11 仕事

12 国民健康保険

13 国民年金

14 近所づきあい

15 防災・火災・救急

16 交通事故

17 子育て

18 福祉

19 成人健康診査

20 教育

21 医療情報

22 各種相談

施設案内

23 市・町関係施設

24 学校など教育関係施設

25 その他の公共施設

26 防災拠点(避難場所)

27 医療機関病院





Japanese Chinese Korean English Portuguese Tagalog
17-1 妊娠したら

(1)妊娠届 
 妊娠を医療機関で確認したら、妊娠届を担当部署に提出し てください。その際に、母子健康手帳が交付されます。この手帳は母親と赤ちゃんの健康情報を記録し、乳幼児健診や予防接種時に必要となりま す。
【問い合わせ】
●富士見市子ども未来応援センター: tel.049-252-3773
●ふじみ野市保健センター:tel.049-293- 9045
  
●三 芳町保健センターtel.049-258-0019 

(2) 出産費用に困ったら
 健康保険による出産育児一時金の支給が困難な 方のために、次のよ うな公的な援助制度があります。
 入院助産制度
 資格・基準の審査があり、
指定医療機 関の準備もあるため妊娠初期でのご相談 をお願いします。指定医療機関に入院の上、出産費用を助成します。 (所得制限および利用者負担あり)
【問い合わせ】
●富士見市障がい福祉課:tel.049-251-2711
 


Japanese Chinese Korean English Portuguese Tagalog
17-2 赤ちゃん誕生
(1) 戸籍の届出
 赤ちゃん誕生後14日以内に出生届を提出してください。 出生届、母子健康手帳、国民健康保険証(加入者のみ)が必要。

(2) 赤ちゃん手帳(富士見市)
 出生届の際に窓口で交付。乳児健診時の問診票、その他育児の情報源として活用できます。

(3) 新生児訪問
 新生児訪問は保健師・助産師が家庭訪問し、育児相談を行います。

(4)乳児 家庭全戸訪問(富士見市は母子保健推進員)
 生後4か月未満の赤ちゃんのいる家庭に保健師・助産師等が訪問し、育児情報の提供や相談にのります。

(5)富 士見市 養育支援訪問事業
(対象)
妊娠期又 は出産後間もない乳児(概ね1年程度)の 保護者が産後うつ、育児ストレスなどで強い不安を抱える等支援が必要な家庭

(内容)
・保健師 が家庭訪問し、出産・育児についての相 談・アドバイスを行います。
・ホーム ヘルパーによる家事援助を行います。(内 容や回数、時間には条件があります)
【問い合 わせ】
富士見市 障がい福祉課:tel.049-251-2711

(6)乳幼児健康診査・相談
 乳幼児を対象に、次のような健 康診査(健診)があります。赤ちゃんの健康状態を確認するためにも、ぜひ受診しましょう。
 4か月、12か月、20か月及び42か月児(富士見 市)、4か月、10か 月、1歳6か月及び3歳児(ふじみ野市)、4か月、10か月、18か月、2歳及び3歳児(三 芳町)の各健康診査(問診、身体測定、診察、発達チェック、相談、歯科健診など)です。健診日の前月20日前後に郵送で案内します。

(7) 予防接種
 予 防接種には、予防接種法によって対象疾病、対象者や接種期間が決められた定期接種 と、それ以外の任意接種があります。
 予防接種を受けるには病気ごとにそれぞれ接種に 適した時期があります。
 定期予防接種の費用は、 無料 (ただし実施医療機関以外、あるいは対象年齢外、定められた接種間隔外で接種する任意接種は有料)です。各市・町では予防接種予診票綴りを出生届の際に 窓口 で交付します。対象年齢の数え方は法 律により、誕生日の前日に歳をとると考えるため「2歳未満」の場 合は、「2歳の誕生日の前日まで」 が対象になり、誕生日当日に接種すると有料と なりますので注意してください。

(A) 乳幼児の予防接種(医療機関にて)
◯ ヒブ
 生後2か月〜5歳未満:接種開始年齢により接種回数 が異なる
<接種開始年齢>
 @生後2か月〜7か月未満(標準的な接種年齢):4 回接種  

  27日以上、標準的 には56日までの間隔をおいて3回接種。3回目接種後7か月 以上、標準的には13か月までの間隔をおいて4回目を接種。ただし、2回 目及び3回目は、1歳未満に行い、それを超えた場合は行わない。(追加接種は可 能)
 A生後7か月〜1 歳未満:3回接種 

  27日以上、標準的 には 56日までの間隔をおいて2回接種。2回目接種後7か月以上、標準的には13か月までの間隔をおいて3回目を接種。ただし、2回 目は、1歳未満に行い、それを超えた場合は行わない。(追加接種は可 能)
 B1歳〜5歳未満:1回接種

○B型肝炎

  生後1歳未満(標準的な接種期間は生後2か月〜生 後9か月):3回接種
27日以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目 の接種から139日以上の間隔をおいて3回目を接種する。

◯ 小児用肺炎球菌
 生後2か月〜5歳未満:接種開始年齢により接種回数が異なる
 <接種開始年齢>
 @生後2か月〜7か月未満(標準的な接種年齢):
4回接種

  標準的には1歳まで に27日以上の間隔をおいて3回接種。3 回目終了後60日以上の間隔をおいた後であって、1歳に至った日以降、標準的には1歳3か月 の期間に4回目を接種。ただし、2回目及び3回目は2歳未満に行い、それを超えた場合は行わない。また、2回目が 1歳を超えた場合、3回目は行わない。(追加接種は可能)
 A生後7か月〜1歳未満:3回接 種

(標準的には1歳ま でに27日以上の間隔をおいて2回接種。2 回目終了後60日以上の間隔をおいた後であって、1歳に至った日以降に3回目を接種。ただ し2回目は2歳未満に行い、それを超えた場合は行わない。)
 B1歳〜2歳未満:2回(60日以上の間隔をおいて2回接種)
 C2〜5歳未満:1回接種 

〇四種混合
  生後3か月〜7歳6か月未満:1期初回3回接種
(20日以上、標準 的には56日までの間隔)
 1期初回追加:1回(初回終了後6か月以上、標 準的には1年〜1年半の間に接種)

〇BCG
 1歳未満: 1回接種

○麻しん(はしか)・風しん混合
 1期は1歳〜2歳未満で1回、2期は小学校就学前の1年間の間に1回接種

○水痘(みずぼうそう)
 1歳〜3歳未満
 2回(3か月以上、標準 的には6か月〜1年の間隔をおいて接種)
※ただし、水痘にかかった ことがある人
を除きます。

○日本脳炎 (1期) 
 6か月 〜7歳6か月未満:3回接種 (3 歳からの接種をお勧めします。)
 初回:2回(6日以上、標準的には 28日までの間隔おいて接種)
 追加:1回(初回終了後6か月以上、標準的にはお おむね1年後の間隔をおいて接種)
 
(B) 小中学生高校生の予防接種
○日本脳炎(2期) 9歳以上13歳未満:1回接種
 なお、以下の方は、日本脳炎の予防接種回数が不十分 となっている可能性が あります。該当する方は母子手帳等を確認し、かかりつけ医とご相談の上接種してください。

@平成19年4月2日〜平成21年10月1日生ま れの方
9歳〜13歳未満の間に1期3回のうち不足分を定 期として接種できます。(注意:9歳の誕生日を迎えてから接種してください)
A平成10年4月2日〜平成19年4月1日生まれ の方
20歳になる前日までの間に4回接種のうち不足分 を定期として接種できます。
 
 


○二種混合 11歳以上13歳未満:1回接種

○子宮頸がん予防
※平成29年12 月末現在、積極的な接種勧奨を行っていません。
小学校6年生〜高等学校1 年生に相当する年齢の女子に3回接種。 ワクチンは2種類あり、接種間隔が異なります。
必ずどちらか1種類のワクチンを3回とも接種してくだ さい。
 ・ 2価ワクチン(サーバリックス)は、標準的に は1か月の間隔をおいて2回接種後、1回目から6か月の間隔をおいて1回接種。
 ・ 4価ワクチン(ガーダシル)は、標準的には2 か月の間隔をおいて2回接種後、1回目から6か月の間隔をおいて1回接種。

(C) 予防接種が受けられないとき
 体温が37.5℃以上。重篤な急性疾患にかかって いることが明らかな場合。受ける予定の予防接種
の接種液に含まれる成分でアナフィラキ シー(通常接種後 約30分以内に起こるひどいアレルギー反応)を起こしたことが明らかな場合。白血病な
ど、長 期にわたり療養を必要とする疾病にかかったこと により、定期の 予防接種を逸した場合はお問い合せください。
【問い合わせ】
富士見市健康増進センター:tel.049-252-3771
ふ じみ野市保健センター:tel.049-293-9045、 049-264-8292(予防接種)
三 芳町保健センター:tel.049-258-0019

Japanese Chinese Korean English Portuguese Tagalog
17-3 手当と援助
(1) 児童手当
原則住民票に記載された方で、 中学校修了前(15歳到達後最 初の3 月31日まで)の子どもを養育していて監護生計同一の方が対 象。
【問い合わせ】
●富士見市子育て支援課・障がい福祉課:tel.049-251-2711
●ふじみ野市子育て支援課子育て安心係:tel.049-262-9041
●三芳町こども支援課児童福祉担当:tel.049-258-0019(内線243・244)


(2) こども医療費支給制度
原則住民票に記載された方で医療保険加入済の中学校3年生までのお子さんの保険診療自己負担分を助成。
【問い合 わせ】
●富士見市子育て支援課・障がい福祉課: tel.049-251-2711
●ふじみ野市子育て支援課子育て安心係: tel.049-262-9041
●三芳町こども支援課児童福祉担当: tel.049-258-0019(内線243・244)


(3) ひとり親家庭等医療費支給制度
 18歳到達日以降の最初の3月31日までの間にある子どもを養育する母、父、養育者と、その子どもが対象。
原則住民 票に記載された方で 、所得制限未満の収入及び医療保険加入済であることが条件。保険診療自己負担分が助成対象(ただし、一部自己負担あり)。
【問い合わせ】
●富士見市子育て支援課・障がい福祉課: tel.049-251-2711
●ふじみ野市子育て支援課子育て安心係: tel.049-262-9041
●三芳町こども支援課児童福祉担当: tel.049-258-0019(内線243・244)


(4) 重度心身障害者医療費支給制度

  障がい者 の医療費の保険診療自己負担分を助成する 制度です。対象となる方は、65歳未満で障害者手帳を取得し、医療保険に加入済で、次のいずれかに該当 する方です。精神障害者保健福祉手帳1級の方の精神病床の入院費用は除きます。
@    身体障害者手帳1・2・3級の方
A    埼玉県の療育手帳Ⓐ、A、Bの方
B    精神障害者保健福祉手帳1級の方
C    後期高齢者医療制度の障害認定を受けている方
【問い合 わせ】
●富士見市子育て支援課・障がい福祉課: tel.049-251-2711
●ふじみ野市障がい福祉課庶務係:tel.049 -262-9031
●三芳町福祉課障がい者庶務担当:tel.049 -258-0019(内線174・175)


(5)育成 医療制度
 18歳未満の身体に障がいまたは 疾患がある子どもで、手術などの治療によ りその症状が軽くなり、日常生活が容易にできるようになると認められた場合に、その治療費について、自己負担の一部を 助成。居住する市町の窓口 で相談、申請をしてください。資格、基準、指定医療機関あり。
【問い合 わせ】
●富士見市子育て支援課・障がい福祉課: tel.049-251-2711
●ふじみ野市障がい福祉課障がい福祉係: tel.049-262-9032
●三芳町福祉課障がい庶務担当:tel.049- 258-0019(内線174・175)


(6) 児童扶養手当
 父又は母がいないか、父又は母に一定の障がいがある 家庭等で18歳到達日以降の最初の3月31日まで(子が一定の障 がいの
場合は 20歳未満)の間にある子どもの父、母又は養育者が対象。所得制 限未満の収入で、原則住民票に記載されていること。
【問い合 わせ】
●富士見市子育て支援課・障がい福祉課: tel.049-251-2711
●ふじみ野市子育て支援課子育て安心係: tel.049-262-9041
●三芳町こども支援課児童福祉担当: tel.049-258-0019(内線243・244)


(7) 特別児童扶養手当

 身体、知的発達、精神に中度から重度の障がいがある20歳 未満の子どもの父か母または養育者が対象。
所得制限 未満の収入 で、原則住 民票に記載されているこ と
【問い合 わせ】
●富士見市子育て支援課・障がい福祉課: tel.049-251-2711
●ふじみ野市障がい福祉課庶務係:tel.049 -262-9031
●三芳町福祉課障がい庶務担当:tel.049- 258-0019(内線174・175)


(8)未 熟児養育医 療制度
 身体の 発育が未 熟なまま生まれた赤ちゃんで、医師 が入院治療を必要とする症状と診断し、指定された医療機関に入院した場合、その保険診療自己負担分を 助成。居住する市町の窓口で相談、申請をしてください。資格、基準あり。
【問い合わ せ】
●富士見市富士見市健康増進センター:tel.049 -252-3771
●ふじみ野市保健センター:tel.049-293- 9045
●三芳町保健センター:tel.049-258- 1236


(9)不妊検 査・治療費の助成
不妊に悩む夫婦の経済的負担の軽減と、子どもを生み育 てやすい環境づくりのため、不妊検査費と不妊治療費の助成をします。詳しくは問い合わせください。
【問い合わ せ】
●富士見市子ども未来応援センター:tel.049- 252-3773
●三芳町保健センター:tel.049-258- 1236




Japanese Chinese Korean English Portuguese Tagalog
17-4 保育所等
 保護者が仕事や病気などの理由で児童を 保育できない場合、保護者に代って児童を保育します。2市1町の公立保育所と私立保育園については施設一覧をご覧ください。なお、保育所等には一時保育を しているところもあります。一時保育は子どもを同伴できない用事等のとき便利です。

(1) 対象児
 生後2カ月児から小学校入学前までの児童。但し、保育所等により異なります。
(2) 保育料
 保護者世帯の課税額(
市民税 額)によって決まります。

(3) 申込み
 入所申 込み受付は市や町により異なりますので注意してください。新年度(4月入所)は、11月中旬から12月上旬で す。年度途中
(各月)は前 月の10日もしくは15日までです。定員に空きがない場合は待機することになります。

【問い合わせ】
富士見市保育課保育係: tel.049-251-2711
ふじみ野市保育課保育係:tel.049-262-9035
三芳町こども支援課保育担当:tel.049-258-0019



Japanese Chinese Korean English Portuguese Tagalog
17-5 ファミリー・サポート・センター
 子どもを保育園・幼稚園に迎えに行った り、 保護者の病気や他の子どもの学校行事の際に、 子どもを預かってくれます。子育てを手助けしたい人(提供会員)と手助けを必要としている人(依頼会員)が会員になって、地域での子育てを助け合うシステ ムです。報酬額や詳しい内容の問い合わせ、登録についてはファミリー・サポート・センターまで。
【問い合わせ】
富士見市(保育課内):tel.049-251-3337
ふ じみ野市(東児童センター内):tel.049-262-1135
三 芳町(子育て支援センター内):tel.049-258-0075

○ 緊急ファミリー・サポート
 
ファミリー・サポート・センターでは対応できない病気の子どもの一時保育、宿泊を伴う一時保育、緊急的な一時保育等の相互援助業務を緊急サポートセン ター埼玉に委託しています。利用するには登録が必要です。
【問い合わせ】
緊急サポートセンター埼玉:tel.048-297-2903

Japanese Chinese Korean English Portuguese Tagalog
17-6 子育て支援センター
 子育て中の親子が遊んだり、交流したり できる場を提供し、仲間作りを進め、困っていること、悩んでいることなどの相談を受けます。また、子育てに関する情報の提供をしています。
施設の利用時間等については、直接お問い合わせください。
【問い合わせ】
富士見市立子育て支援センター「ぴっぴ」:tel.049-251-3005
ふ じみ野市立上野台子育て支援センター: tel.049-256-8623
ふ じみ野市立霞ヶ丘子育て支援センター: tel.049-269-4252
●ふじみ野市立大井子育て支援センター:tel. 049-256-8623
ふ じみ野市立子育てふれあい広場:tel.049-261-0611
風 の里地域子育て支援センター(ふじみ野市):tel.049-263-8388
三 芳町子育て支援センター:tel.049-258-5106

Japanese Chinese Korean English Portuguese Tagalog
17-7 放課後児童クラブ・児童館

(1) 放課後児童クラブ(学童保育室)
 保護者が労働等により昼間家庭にいない小学生児童の放課 後や夏休み期間における遊びや生活の場です。富士見市内には23か 所(平成30年度から)の放課後児童クラブ、 ふじみ野市内には18 か 所の放課後児童クラブ、三芳町には5か所 の学童保育室があり、入所室には申請 が必要です。
【問い合 わせ】
富士見市 保育課放課後児童係: tel.049-251-2711
ふ じみ野市子育て支援課子育て支援係:tel.049-262-9033
三 芳町こども支援課保育担当: tel.049-258-0019

(2) 児童館・児童センター
 児童館 や児童センターは遊びの体験や集団活動を通 じ、子 どもたちの育成や仲間づくりを進めるための施設です。富士見市には3つの児童館、ふじみ野市には2つの児 童セン ター、三 芳町には3つの児童館があります 。
●各 児童館・児童センターの問い合わせ先は施設編を参照してください。


Copyright (C) FICEC. All rights reserved.