Japanese Chinese Korean English Portuguese Tagalog
15 防災・火災・救急

Living Guide Top

Japanese Top

1 在留管理制度

2 戸籍に関する届出

3 印鑑登録

4 住宅

5 水道・電気・ガス・電話

6 ごみの出し方

7 郵便・宅配便

8 銀行

9 交通

10 税金

11 仕事

12 国民健康保険

13 国民年金

14 近所づきあい

15 防災・火災・救急

16 交通事故

17 子育て

18 福祉

19 成人健康診査

20 教育

21 医療情報

22 各種相談

施設案内

23 市・町関係施設

24 学校など教育関係施設

25 その他の公共施設

26 防災拠点(避難場所)

27 医療機関病院





Japanese Chinese Korean English Portuguese Tagalog
15-1 地震が起きたら

(1) 家にいるときは…
 まず落ち着いて身の安全を確保し、座布団などが身近にあれば頭部を保護して、揺れがおさまれば火の始末をしましょう。万が一出火したら、落ち着いて消火 器などで火が小さいうちに消し止めましょう。
(A) わが身の安全を図る
 家具などは、倒れないように固定しておく。
(B) グラッときたら火の始末
  コンセントやガスの元栓の処置をす る。 電 気のブレーカーを落とす
(C) あわてて外へ飛び出さない
(D) 戸を開けて非常の際の出口を確保する。
(E) ガラスの破片に注意
 停電時に備えて身近に懐中電灯やスリッパを用意しておく。
(F) 歩いて避難する

(2) 外を歩いていたら
 落下・倒壊物に注意を。ブロック塀、石垣、崖や川べ りは避け、広い道を歩くこと。ビル街や商店街では、落ちてくるガラス片などが危険です。近くにビルの入口があれば、先ずその中へ。入口が遠ければ、そ の場を離れてようすをみることが必要です。 

(3) 地下街にいたら…
 あわてずに、壁や柱に身を寄せましょう。地下街は地 震に強いのでまず安心ですが、停電や火事になると大混乱が起きやすくなります。係員の指示に従って壁づたいに歩きましょう。必ず出口に行き着きます。

(4) デパート、映画館にいたら…
 
あわてて出口に向かわずに責任者の指示に従って行動してください。

(5) 電車・バスに乗っていたら…
 
急停車に注意。あわてて非常口を開けたりして飛び出すのはかえって危険です。パ ニックにならぬよう、各自冷静に乗務員の指示に従いましょう。

(6) エレベーターに乗っていたら…
 行き先階表示ボタンを全部押し、最寄りの階で降りま しょ う。万一のときは、中にある連絡電話を使って救出を待ちましょう。とにかく落ち着くことが大切です。

(7) 普段の対策
(A) 防災訓練に誘い合って積極的に参加し、防災行動力を身に付けておく。
(B) 地震のとき家族があわてずに行動できるよう、ふだんから非常持ち出し袋の置き場所、避難場所、避難通路はどこか話し合っておく。 
(C) 柱、土台や屋根瓦などを点検し、老朽化しているものは補強しておく。
(D) ブロック塀や石塀など転倒防止の補強をする。
(E) 家具などの転倒・落下防止のため留め金で補強する。
(F) 消火器を備えておく。
(G) 非常持ち出し品の準備。食糧、飲料 水の備 蓄。 

(8) 市(町)の災害対策活動
 市(町)では、大規模な災害が予測されるときや、災 害が発生したときには、災害対策本部を設置します。災害対策本部は、市長(町長)を本部長として、市(町)職員や水(消)防団員等で組織されており、市民 の生命や財産を守り、安全を確保するための応急対策活動に従事します。
【問い合わせ】
●富士見市安心安全課:tel.049-251-2711
ふ じみ野市危機管理防災課防災係:tel.049-262-9017
三 芳町自治安心課防犯防災担当:tel.049-258-0019


Japanese Chinese Korean English Portuguese Tagalog
15-2 台風
 気象庁のホームページなどで台風の進路や気象情報を確認することができます。
「ハザードマップ」という自然災害による被害を予 測して地図化したものがあり、市役所または町役場のホームページで閲覧することが出来ます。日ごろから自分の住んでいる場所が自然災害が起きやすい場所か 調べておきましょう。
最近は短期間に局所に集中して大雨が降る「ゲリラ 豪雨」がたくさん起きています。
大雨が降りそうなときは、身を守るためにも天気予 報やホームページなどの情報確認し、身を守る行動を心がけましょう。

【問い合 わせ】
●富士見市安心安全課:tel.049-251- 2711
●ふ じみ野市危機管理防災課防災係:tel.049-262-9017
●三 芳町自治安心課防犯防災担当:tel.049-258-0019

【防災情報ホームページ】
気象庁ホームページ
http://www.jma.go.jp/jma/index.html
国土交通省「川の防災情報」
https://www.river.go.jp/kawabou/ipTopGaikyo.do
埼玉県版「川の防災情報」
http://suibo.saitama-river.info/saitama/servlet/Gamen30Servlet

【ハザードマップ】
富士見市ハザードマップ
http://www.city.fujimi.saitama.jp/20kurashi/08bousai/2010-0507-1628-137.html
ふじみ野市ハザードマップ
http://www.bosai-hm-fujimino.jp/
三芳町ハザードマップ
https://www.town.saitama-miyoshi.lg.jp/bousai/bousai/2009-0710-1345-21.html


Japanese Chinese Korean English Portuguese Tagalog
15-3 災害時の外国語放送
 災害が発生したとき、被災・救援情報が 英語で放送されます。
(1) ラジオ 
 インターFM76.1MHZ、NHK第2放送693KHZ
(2) テレビ 
 NHK総合テレビ第1チャンネル(副音声)、NHK衛星放送第1・2チャンネル(副音声)

Japanese Chinese Korean English Portuguese Tagalog
15-4 火災・救急

(1) 火災・救急は119番(無料)
 火災が発生したら大声で周囲に助けを求めます。大き な火災も最初は小さな火から。住宅火災の場合、火が天井に届く前なら消火器で消すことができます。しかし、危険を感じるような場合は無理をしないで避難し てください。煙の中では姿勢を低くすること。

(2) 消火器
 消火器には粉末消火器、強化液消火器、泡消火器など の種類があります。種類によって使用の方法や有効期間が違います。使い方を知っておくと共に定期的な点検を忘れないように。

(3) 緊急時連絡システム
 事故や急病、火災のときに信頼できる確かな救助体制です。詳細については、お問合せください。
【問い合わせ】
富士見市高齢者福祉課:tel.049-252- 7108(直通)
ふじみ野市高齢福祉課:tel.049-262- 9036(直通)
三芳町役場福祉課:tel.049-258- 0019(内線173)

(4)メール・FAX110番
 埼玉県警察では聴覚に障がいが ある方、または言葉が話せない方が、事件や事故にあったとき、警察への緊急通報に利用 する「メール110」や「ファックス 110番」を開設しています。
 メール110番の通報方法は、専用ホームページに接続し、文字対話方式(チャット)により通報するシステムになっ ています。
メール110番 通報用アドレスURL http://saitama110.jp/ 
FAX110番 FAX.0120-264-110


Japanese Chinese Korean English Portuguese Tagalog
15-5 救急車
急病や大け がなど緊急を要する場合は、119番に電話をかけ救急車を呼び ます。救急車の利用は無料ですが、救急車両ですので軽いけが程度なら救急車は避け、マイカーやタクシーを利用しましょう。

(1) 救急車を呼ぶときは、次のことを伝えます
 (A) 急病が発生した場所
 (B) 通報者の氏名・電話番号
 (C) 近くの目標物
 (D) 急病者・負傷者の容体

(2) 119番のかけ方
 通報の際には、火災、救急の別と住所や場所をはっき りと話しましょう。
 (A) 火事です=Kaji desu
 (B) 救急です=Kyukyu desu
 (C) 救急車をお願いします=Kyukyusha wo onegai shimasu

Japanese Chinese Korean English Portuguese Tagalog
15- 6 弾道ミサイルが飛来する可能性のある場合の対応について

ミサイルが日 本に落下する可能性がある場合は、国からJアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とと もに緊急放送(日本語)を流します。また緊急速報メール(エリアメール)が対象エリアの携帯電話に送信されます。
 緊急情報が流れた場合、直ちに以下の 行動をとってください。
 
 【屋外にいる場合】
・近くの建物(できればコンクリート造り等頑丈な 建物)の中に避難する。
・近くに適当な建物がない場合は、物陰に身を隠す か地面に伏せ頭部を守る。
 【屋内にいる場合】
・できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋に 移動する。
 
外国語版国民保護ポータルサイト(英語)
http://www.kokuminhogo.go.jp/en/pc-index_e.html


Copyright (C) FICEC. All rights reserved.